のんちゃんと同棲中の彼女がいる青年はその後、どうなったのか?

 

その二人について全然知らないという方はこちらを読んでください。

17歳だった、明るい笑顔ののんちゃんの話

 

まず彼ら2人が関係を持ってしまってから初めて、元々10人ぐらいのグループで先週会ってきた。

当然、2人の関係は僕以外のメンバーは知らない。だからみんな普段通りだった、2人を除いて。

 

のんちゃんと同棲中の彼女がいる青年は終始不機嫌だった。もう一緒の空間にいるのが嫌だというように。というのものんちゃんには彼氏がいて、みんなのんちゃんと彼氏の話を当然聞いてきたりする。

 

同棲中の青年はそれを黙って聞いているし、そんな青年を前にのんちゃんは彼氏の話をする。

 

一方で、青年は同棲中の彼女については「どうでもいい」というようなことを言い、さらに他のメンバーから相席屋での女癖の悪さを暴露されていた。

 

そんな話にはのんちゃんは加わらないけどもちろん聞いていた。そこに明るい笑顔はなく、やはりもうどうでもいいという表情で、あくびをして眠たそうだった。

 

2人は直接的な会話はしなかったけど、でもどこかで相手の会話から何かを探り出そうとするような手探りの雰囲気があった。まぁそれは二人の関係を知っている僕だから感じただけだけど、他のメンバーは何も気づいていない。

 

でも、みんな気づいていなくとも、何かが崩れかけているのは僕の目からは明らかだった。

 

ここで二人が引き返せば、修復可能な部分もあるはずだけど、でも2人にはできないだろう。青年の同棲関係は冷えあがっているようだし、もしも同棲関係が修復すればそこにのんちゃんはいられない。

 

しかも同棲関係の冷え込みを青年は他で埋めようとしているようだった。それはのんちゃんはその一人で、もちろん他にもいるようだった。

 

ほころびが出始めて、そこからボロボロと何かが崩れていくようだ。2人はそれを感じつつも言葉には出せない。でも、2人の以前とは違う疲弊した表情には現れていた。

 

僕にはもうどうすることもできない。またのんちゃんと青年を責めることもできない。

 

そして、こんなにも人を追いつめるのはやはり時間なのではないかと僕は思っている。